岡山県井原市、笠岡市、広島県福山市の住まいのことなら。住まいづくりを65年の一級建築士事務所、高屋工務店株式会社です。

〜笑顔あふれる住まい〜 高屋工務店株式会社
tel.0866-67-0718
資料請求
来場予約

いよいよ設備取り付け・クロス貼り完了です♪

 

 

いよいよ工事も大詰めです!

トイレやキッチンなどの設備の取付が完了し、クロス(壁紙)も貼り終わりました♪

そんなお家の内部をちょっとだけ紹介します☆

 

 

 

まずはキッチン

白を基調として清潔感のあるお洒落なキッチンになりました。

また、横にはブックラックが作られておりレシピ本なんかをしまうのには重宝しますね。

 

 

 

 

そして、こちらは以前に紹介したニッチです。

インターホンモニターや電気のスイッチなどがスッキリと収まっています。

上下は飾り棚になっているので、小物を飾ることができます。

 

 

 

 

続いては浴室です。

木目調のパネルがいいアクセントになっていて温かみのある浴室に仕上がっています。

リラックスする場所としてももってこいですね♪

 

 

 

 

そして、2Fのトイレ!

壁の一面を大胆に黄色に、床と天井はブラックに!

大胆な配色と思われるかもしれませんが、2Fのトイレってほとんど家族の方以外使用することがないので、

2Fこそがご家族の色を出せる場所なんです。

ですので、こういった遊び心も大切にしたいですね♪

 

 

 

 

最後にベランダですね。

このお家では大きくとってあります。

ご家族でのバーベキューなんかもできちゃうかも!?

 

次回はいよいよ完成です!!

完成は「施工事例」の方でご紹介します♪

内部をもっと紹介していこうとと思いますので、乞うご期待下さい!

 

 

2018年07月18日

お洒落で、便利な「ニッチ」って?

 

さあ、本日は「ニッチ」についてのお話です。

ニッチ」とは何でしょう?

皆さんはお友達のお家でこんな飾り棚を見たことがありませんか?

 

 

 

壁の一部分をくりぬいて花瓶や小物を置けるようになっている棚です。

これこそが「ニッチ」なんです♪

 

この「ニッチ」は色々な使い方ができます。

小物を置いて飾り棚にしてもよし!インターホンや給湯器のモニターなどを設置して壁から出っ張ってしまう物を収めるもよし!

フックを取り付けて鍵掛けなどにしてもいいですね♪

 

 

 

システムキッチンの横にブックラックを作るなんてこともできちゃいます。

 

 

 

 

電気配線を行えばスマホを充電している間にちょっと置く棚にしたり、

インターネットのモデムを置くスペースにしたりと、様々な活用方法があります。

このおうちにもいくつかの「ニッチ」が出来ていますね。

この「ニッチ」1つ1つ大工さんの手作りなんです☆

 

しかし、この便利な「ニッチ」も全ての壁に好きな大きさで作れるわけではないんです!

 

外壁に面した一番外側の壁には断熱材が入っているため作ることができません。

また、内側の壁にも構造上欠かせない耐力壁(筋交いの入った壁)にも創ることできません。

 

ですので、この「ニッチ」が欲しいなーと思われる方は、一度スタッフまでご相談下さい。

早い段階なら耐力壁を別の場所に動かして作れるようにするなどの対応ができるかもしれません。

無理な場合でも、他の素敵な代替案をお伝えできるかもしれません☆

一緒にお洒落で、便利な「ニッチ」を考えていきましょう♪

 

 

2018年06月4日

内部電気工事開始

 

 

お次は、建物内部に電気配線を這わせていきます。

 

 

 

天井裏やあらかじめ計算された壁の隙間などのわずかなスペースに一本ずつ配線を通していきます。

こういった配線は後からのやり直しが大変難しいので、ミスなく正確に配線していきます。

 

 

 

 

もちろん外部から入ってくるケーブルに関してはしっかりとコーキングを施して、気密性が損なわれないように配慮していきます。

このコーキングは配線はもちろんエアコンのダクトや給排気口等外部に直結するような部分には必ず行います。

せっかくの魔法瓶のようなおうちから空気が漏れていたら台無しですからね。

 

一軒のおうちには無数の配線が通っています。

これを職人さんが1本ずつ手作業で通していくんです。

本当にご苦労様です☆

 

 

2018年05月19日

あったか♪ほくほく♪綺麗なお風呂♪

 

 

今回はみんな大好き!あったかお風呂の工事が始まりました。

お風呂にもしっかりと断熱をしてやることによって、お風呂で起こりやすい

『ヒートショック』

も起こしにくくなります!

ヒートショックとは、暖かいところから気温の低いところへ移動した際に血管の収縮が

急激に起こり、心臓に負担がかかってしまうために起こります。

最悪の場合には心停止にまでなってしまう恐ろしい現象です。

せっかく家の中が高気密・高断熱になっているのにお風呂が寒いなんて嫌ですよね?

ですので、お風呂もしっかりと断熱材が引いてあります。

 

 

 

 

断熱材のほかにもお風呂には寒くならないような工夫があります!

まずは床!お風呂の床は直接裸足で接するのでヒヤッとしない床になっています。

また、水はけもよく汚れのつきにくい床材を使用しています。

見学会等にご来場の際は直接触ってみて下さい♪

アパートの床との違いがわかるはずです。

そのほかにも、浴槽には「サーモバス」というお湯の温度が冷めにくい浴槽が使用されています。

蓋をしてしまえば数時間たってもお湯の温度がほとんど下がりません!

度々追い炊きをしなくていいので節電やエコにもつながってきます。

 

 

 

 

なお、ユニットバスの施工は専任の職人さんが行いますので、しっかりと完璧な仕上がりになります。

 

 

 

 

浴槽を据え付けて、周りのパネルを組みつけ、棚やシャワーなどを取り付けていくとお風呂らしくなりました♪

この後、ドアの取付を行って・・・

 

 

 

 

浴室の完成です♪

この後、大工さんによって壁や天井を造っていくと立派なあったかお風呂の完成となるわけです☆

お風呂は日々の疲れを取り、リラックスする場所の上位に上げられる場所ですので快適な物にしたいですね。

浴室の壁や浴槽の色はショールームにて模型を使いながら決めていきますが、本当にたくさんの色があり迷ってしまいます。

でも、配色等に迷っても大丈夫!

当社スタッフやショールームのアドバイザーがご相談に乗りますのでお気軽にお話下さいね♪

 

 

2018年05月19日

太陽エネルギーを電気に

 

 

本日は「太陽光発電パネル」の設置工事です♪

エコの代表格と言っても過言ではない太陽光発電!

最近では多くのお家に設置されていて、目にする機会も多くなっていますよね。

自宅で電気をつくり自宅で使ったり、電力会社に売ったりできるので家計にも地球にも優しい太陽光発電♪

しかも、屋根に設置しておけば勝手に電気を生み出してくれるのでほとんど手間もかかりません♪

 

 

 

 

まずはケーブルを天井裏や壁の中を伝って配線していきます。

 

 

 

 

 

外側はこんな感じ☆

屋根の軒から建物内へと管を通しその中をケーブルが通っていくわけです。

これでケーブルが雨に塗れてしまう心配もありません。

 

 

 

 

 

さあ!いよいよ主役の太陽光発電パネルが運び込まれてきましたよ~!!

これを屋根の上に敷き詰めていきます。

完成すると・・・

 

 

 

 

こんな感じ♪いやー綺麗ですねぇ♪

これで、太陽光を電気に変えてエコで、快適な生活が送れそうです!

 

 

2018年05月16日

SWパネル貼り

 

 

本日はSWパネル貼りです。

 

 

 

壁に「SW」の文字がたくさん並んでいますね。

これが SW=スーパーウォール

といわれる断熱材です。

とても丈夫で、熊本の地震でも倒壊数ゼロ!

温度がマイナスになる真冬でも暖めた空気を外にほとんど逃がしません!

この断熱材をしっかりと施工してやることによって高気密・高断熱のおうちが出来上がるわけです。

文字通りスーパーなウォールです♪

 

 

 

 

わずかな隙間も大工さんが1つ1つ発砲ウレタンでしっかりと気密をとっていきます。

こうして高気密・高断熱なお家が出来上がっていくわけです♪

ちなみに、このSWパネルは水につけても水を吸い込まないので湿気などでの壁体内結露も起こしません。

丈夫で水にも強い高気密・高断熱のスーパーな断熱材なんです♪

 

 

2018年05月10日

ベランダにも防水加工はじめました

 

今回はベランダの防水加工です。

FRP防水という防水を施します。

 

 

 

FRPとは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、

ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強されたプラスチックなんですが、

これを均一に塗ることによってしっかりとした防水性能を発揮するわけです♪

 

 

 

 

 

 

なにやら職人さんがシートを貼っていますね。

これは、ガラスマットというガラス繊維でできたシートを隙間なく貼っていきます。

 

 

 

 

 

ガラスマットが貼り終わったら続いてポリエステル樹脂をまんべんなく塗っていきます。

気泡が入ってしまうと割れなどの原因になってしまうので細心の注意が必要です!

 

 

 

 

最後にトップコートを塗って完成です!

屋根や壁だけじゃなく、ベランダもしっかりとした防水が必要ですね♪

 

2018年05月8日

緊張の気密測定・・・

 

本日は、気密測定です♪

気密測定はわれわれも緊張の一瞬です!

なにせ、スーパーウォール工法では測定結果が良くなければ

  「スーパーウォール工法で建てた家」

と、言うことができないんです!!

 

 

 

 

さあ、気密測定開始です♪

壁にかなにやら筒状の物が突き刺さっていますね。

あれで家中の空気を勢い良く吸い出します!

 

すると、隙間があればそこから家の中に空気が入ってくるため

その量を計測することでどれくらいの隙間が家にあるのかがわかるって仕組みです。

その隙間がどれくらいあるかを数値化したものを『C値』といいます。

 

「スーパーウォール工法」では『C値=1』以下でなければいけません!!

しかし!高屋工務店での目標は『C値=0.5以下』!

 

おっと!気密測定の結果が出たみたいですよ!

 

結果は・・・

 

 

 

 

C値=0.39!

 

やりました!目標としていた0.5を大きく下回りました!

これで晴れて『スーパーウォール工法の家』として建てることができますね♪

 

2018年05月8日

外壁工事開始!

今回は外壁の工事です!

といってもいきなりサイディングを貼り付けるような作業ではありません。

しっかりと下処理をしないといけません!

 

お料理の下ごしらえみたいな感じですね♪

まずはこれ!

 

 

 

 

 

 

サッシの外側に黒いテープが貼ってありますね。

これは防水テープといってサッシと壁の隙間から雨が進入してくるのを

防いでくれるすごいヤツ!!

これをサッシ全てに貼っていきます。

そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

外壁がなにやら白いシートでくるまれていますね!

これは、「通湿防水シート」といって空気は通すけど水は通さない優れもの!

 

 

 

 

 

 

この通湿防水シートで外壁全てをぐるっと覆います。

これで雨が降っても安心ですね♪

水や湿気は家にとっては大敵です!

しっかりと処理しておかないとお家の寿命を縮めてしまうことになりかねません!

なので、こういった普段目に見えない部分もおろそかにはできませんね。

 

2018年04月29日

祝!!上棟♪

土台伏せが終わり

いよいよ、上棟の日がやってまいりましたー!!(o´艸`)ムフフ

 

ということで、

いつものように、作業を始める前に

四方と中央を清めてから

もう恒例イベントとなった「記念柱」を建てていただきました(*^^*)

 

そして、恒例イベントのあと

本格的に作業開始(^^)

 

 

 

高屋町O様邸 上棟1

 

 

 

手で起こせる柱は手で起こして

通し柱や梁などは、クレーン車を使って

吊り上げて組んでいきます(^^)

 

 

 

高屋町O様邸 上棟2

 

 

 

そして、これは

柱の垂直をキレイに出している最中で

垂直が出た柱は、仮筋交を付けて維持しています。

 

 

 

高屋町O様邸 上棟3

 

 

高屋町O様邸 上棟4

 

 

 

そうこうしているうちに、

あっという間に1F部分の梁と桁が組み合わり

2F部分の床合板を貼ってます(^^)

 

 

 

高屋町O様邸 上棟5

 

 

 

そして、1F部分と同じ要領で

2F部分も柱を起こして、梁を組んでいきます!

 

 

 

高屋町O様邸 上棟6

 

 

 

そして、ここがいつもと違うポイントで

柱と梁を留めている金物の穴を

断熱材のウレタンでキレイに全て塞いでいきます

この作業を行うことで、家の気密性が上がります。

 

 

 

高屋町O様邸 上棟6

 

 

 

そして、2F部分が終わったら

屋根の部分を建てて

 

 

 

高屋町O様邸 上棟7

 

 

 

屋根を組む前に

今回の工法で重要な、断熱材を

先に入れていきます(^^)

 

 

 

高屋町O様邸 上棟8

 

 

 

断熱材が敷き終わったら

屋根合板を貼っていきます!

 

 

 

高屋町O様邸 上棟9

 

 

 

屋根まで出来上がったら

今回の工法でも重要なパネル材を

施工していきます。

 

 

 

高屋町O様邸 上棟10

 

 

 

このパネルは、部屋内から見ると

こんな感じで、断熱材と耐力壁が

一緒になったようなパネルとなっています。

 

パネルと柱の接触部分に

パッキンが入っていて、隙間を無くすことで

気密性を高めています。

 

そして、この断熱材も

いまよくある現場吹付のウレタン断熱は

環境が一定ではないので、胞子が割れやすいですが

このパネルの場合、胞子の形がキレイなので、

現場吹付の断熱より効果が高くなっています(*^^*)

 

いわゆる、「高気密・高断熱」

というやつです!!( ̄▽ ̄)

 

 

 

高屋町O様邸 上棟11

 

 

 

陽が沈んでしまう前に、祭壇を組んで

今後の工事の安全を祈願して、作業が終了しました!

 

工事はまだまだ始まったばかりなので

これから、どんな感じに出来上がるのか

楽しみですね(*^^*)

 

 

 

2018年04月22日