岡山県井原市、笠岡市、広島県福山市の住まいのことなら。住まいづくりを65年の一級建築士事務所、高屋工務店株式会社です。

〜笑顔あふれる住まい〜 高屋工務店株式会社
tel.0866-67-0718
資料請求
来場予約

A様邸の地鎮祭を行いました。

%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%9C%B0%E9%8E%AE%E7%A5%AD1.jpg
8月2日にA様邸の地鎮祭をさせていただきました。この日は早朝から晴天でしたが、9時をまわると
猛暑でした。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%9C%B0%E9%8E%AE%E7%A5%AD2.jpg
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%9C%B0%E9%8E%AE%E7%A5%AD3.jpg
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%9C%B0%E9%8E%AE%E7%A5%AD4.jpg
お子様のクワ入れのシーンはいつ見てもほほえましいものです。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%9C%B0%E9%8E%AE%E7%A5%AD5.jpg
工事の無事を祈り、しっかりと四方を清めます。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%9C%B0%E9%8E%AE%E7%A5%AD6.jpg
数ある会社の中から弊社を選んでいただき大変うれしく思います。今後とも末永いお付き合いで
宜しくお願い致します。

2009年08月3日

基礎着工

%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9D%80%E5%B7%A51.jpg
荏原の家の新築工事がスタートしました。先週、鋼管杭打ちを施工して本日より基礎・土留めの墨出し
を行いました。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9D%80%E5%B7%A52.jpg
駐車場と建物の基礎との位置関係を確認しながら施工していきます。

2009年10月22日

基礎工事

荏原の家では現在基礎工事が終わり、上棟へ向けて着々と準備が進んでいます。
ここでは基礎工事の状況をアップします。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E9%85%8D%E7%AD%8B%E6%A4%9C%E6%9F%BB.jpg
日本住宅保証検査機構(JIO)による基礎配筋検査の様子です。コンクリートで隠れてしまう重要な箇所を隅々までチェックし、無事合格しました。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E6%89%93%E8%A8%AD.jpg
基礎コンクリートの打設の状況です。型枠内で空洞ができないよう、しっかりとコンクリートを詰めていきます。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E5%AE%8C%E4%BA%86.jpg
型枠を外して、きれいに清掃します。非常に頑丈な基礎ができました。

2009年11月5日

祝 上棟

%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E4%B8%8A%E6%A3%9F1.jpg
11月21日に「荏原の家」を上棟させていただきました。
この日を迎えるまで本当に長い道のりでしたが、今までにない素晴しい家に仕上がっていくと確信しています。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E4%B8%8A%E6%A3%9F2.jpg
不安定な天気が予想される中で上棟が行われましたが、御施主様のお子様が”てるてる坊主”を作ってくれたおかげで最後まで雨が降ることなく棟上げできました。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E4%B8%8A%E6%A3%9F3.jpg
山田・中西コンビで同年代である「30代が求めるこだわりの家」をテーマに限定的に計画を進めてこの物件で3作目になりますが、「木之子町の家」「八島の家」とは全く異なる特色を持つ家です。
その詳細は徐々に明らかになっていきます。

2009年11月24日

階段

%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E6%96%BD%E5%B7%A51.jpg
今回使われる階段は普段よく使われる工場加工されたものではなく、デザインに合せて大工さんに作っていただきました。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E6%96%BD%E5%B7%A52.jpg
この丸太柱は通常、和室の床柱として使われるものですが・・・
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E6%96%BD%E5%B7%A53.jpg
松の板で階段板を取り付けました。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E6%96%BD%E5%B7%A54.jpg
先ほどの丸太柱を階段の根元へ立てています。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E6%96%BD%E5%B7%A55.jpg
階段の手摺は杉の板を加工して完成しました。傷が付かないようにシートでグルグル巻きです。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%BC%B5.jpg
無垢のフローリングを施工しています。無垢の素材のフローリングは一枚一枚クセがあるので少しづつ整えながら丁寧に張っていきます。

2010年02月26日

無垢材

%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E5%A4%96%E8%A6%B32010317.jpg
荏原の家も外構工事を始めました。重厚感のある外観に合せて、玄関まで導くアプローチもこだわって施工しています。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%EF%BD%B6%EF%BD%B3%EF%BE%9D%EF%BE%80%EF%BD%B0.jpg
対面キッチンでは集成材でカウンターを作ることが多いですが、今回は松の無垢材を使用しました。キッチンカウンター用と、パソコンカウンター用で二枚使います。
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%EF%BD%B6%EF%BD%B3%EF%BE%9D%EF%BE%80%EF%BD%B01.jpg
%E6%9D%B1%E6%A7%98%E9%82%B8%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%EF%BD%B6%EF%BD%B3%EF%BE%9D%EF%BE%80%EF%BD%B02.jpg
仮に取付した様子です。この艶やかな手触りは無垢材でないと味わえません。

2010年03月17日

完成 荏原の家

荏原の家 ついに完成しました。みどころ満載の内部の画像をたくさん用意しました。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%901.jpg
御施主様のご好意で完成見学会をさせていただきました。
設計段階から和風のイメージにふさわしい重厚な家を目指していましたが、予想以上の仕上がりになりました。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%902.jpg
アプローチ階段からみた玄関です。この絶妙な距離感が玄関をひきたたせ、来客をもてなします。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%903.jpg
玄関をくぐると真紅のアクセント壁が構えています。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%904.jpg
アクセント壁はトイレへの目隠しになっており、その裏側には焼き物の手洗いを備えています。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%905.jpg
狭くなりがちな廊下は適度な広さをとり、階段を工夫することで開放感のあるホールになっています。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%907.jpg
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%908.jpg
階段の段板は松を使い、手摺は杉の絞り丸太で支えて屋久杉の幕板を手摺に使用した贅沢なつくりになっています。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%909.jpg
対面式のキッチンはカウンター材に松を使い、カップボードは造り付け家具で御施主様の要望に合せたレイアウトで作りました。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%9011.jpg
カップボードとキッチンの間隔を十分にとり・・・
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%9010.jpg
スライドトレーが使えるしかけを備えたカップボードです。調理中のちょっとしたものをおくのに便利です。
カップボードの設計中にとっさにひらめいたアイデアだったのですが、御主様はもちろん見学会の来場者もお気に入りだったようです。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%9012.jpg
間接照明を仕込んだ三面鏡です。洗面化粧台の幅を広くとり、混雑しがちな朝の支度も困りません。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%9013.jpg
LDKと畳コーナーは一体の空間で使えるようになっていますが・・・
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%9014.jpg
来客時には畳コーナーを仕切り、なおかつ廊下からLDKへの出入りを可能とできる動線設計になっています。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%9015.jpg
畳コーナーの造り付け収納の下に間接照明を取り付け三連のダウンライトと組み合わせることでモダンな茶室のような空間に仕上げました。壁材には100%自然素材の高千穂ビオセラの塗り壁材を使用しています。
調湿・消臭効果が高いのが特徴です。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%9016.jpg
今回は御施主様の要望でTVボードも設計しました。
TVの大きさ・デッキの寸法・見た目のバランスを考えて作りました。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%9017.jpg
見た目以上に収納力があるのでリビングまわりのちょっとした小物を収納するのも便利です。
%E6%9D%B1%E9%82%B8%E5%AE%8C%E6%88%9018.jpg
二階の階段ホールは吹き抜けになっており、ホールへ入り込む光が格子状の床を通して1階の廊下へ降り注ぐようになっています。

2010年06月10日